山梨のぶどうなら甲斐屋農場

農薬散布をギリギリまで少なくし、さらに一部畑では農薬を減らすためにイオン水(強酸性・強アルカリ性)で栽培。 そのため自然なコクと甘さを引き出した巨峰・ぶどうが栽培できます。

巨峰の丘 山梨県山梨市牧丘町
〒404-0003 山梨県山梨市牧丘町倉科3145
TEL:0553-35-2258  FAX:0553-35-4455

ホンモノのぶどうを味わってください

お知らせ

今年は春先から気温の高い晴天が続きましたが、梅雨が明けた途端に曇りや雨の日が続き大変な年でした。
でもご心配なく、どのぶどうも順調に出来上がっております。お客様からも「心配したよ。大丈夫だね、甘いね。」などと言ってもらい、いつものような“うまい”ぶどうが沢山実っております。
シャインマスカットもいよいよ木で熟して来て、さらに甘くなっております。またここだけの甘いハチミツぶどう‘グランドローズ’もまだまだあります。
10月15日頃まで開園しておりますので、どうぞいらしてください。
‘巨峰の丘’の澄んだ空気、どこまでも続くぶどう棚、そして心地の良い涼しい風の中、ハンモックにでも横になりに来てください。
またぶどう棚の下、バーベキューも大好評につきご予約承り中です。
地方発送のぶどうの注文は、混み合いますので、どうぞお早めにご予約お願い致します。

イメージ

ぶどう棚のもと、牛肉の特上カルビと野菜・おにぎり付きのバーベキューは最高です。屋根があるから雨でもご心配なく。

イメージ

園内のハンモック・ブランコはご自由にお楽しみいただけます。お子様も大喜びですよ。

 
ぶどうの特徴
ぶどうの特徴

甲斐屋農場ではお越しいただける皆様に最高のぶどうをお召し上がりいただくために、手間を惜しまず、正直なぶどう作りを心がけています。甲斐屋農場の数々のこだわりは・・・

  • 甘みだけでなく、コクのある『種あり』巨峰
  • 『低農薬・減農薬』技術をとことん追求
  • 除草剤を使用しない『草生栽培』

お召し上がりいただいた皆様に『これがホントのぶどうですか!』と驚きの声をいただいています!

農場の特徴
農場の特徴

富士山の世界遺産登録
早場の園(雨除けハウス)からの富士山の眺め
夏場は10時前までがきれいに見られます

ぶどうの産地、山梨県の中でも、牧丘地区は巨峰に特化した農園が多い地域です。寒暖の差が大きく、南向き傾斜のため日当り抜群、水はけの良い土壌がおいしいぶどうを育ててくれます。
抜群の条件の下、手を抜かないぶどう作りで、皆様に『おいしい!』とうなっていただけるよう、今日も精一杯ぶどうと向き合っています。
甲斐屋農場は『ツアーバスお断り』。慌しく過ごされるのではなく、ゆったりした時間をお楽しみください。